ダイレイ 簡易式急速凍結器 速凍(はやと)くん
ダイレイ 簡易式急速凍結器 速凍(はやと)くん
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ダイレイ 簡易式急速凍結器 速凍(はやと)くん
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ダイレイ 簡易式急速凍結器 速凍(はやと)くん

ダイレイ 簡易式急速凍結器 速凍(はやと)くん

通常価格
¥16,280
販売価格
¥16,280
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

【速凍(はやと)くんについて】

熱伝導率の良いリキッドフリーザーのノウハウを生かして開発された簡易式コンタクトフリーザーです。液パックに挟むのでエアブラストに較べて熱伝導率が大幅にアップ。凍結速度は通常冷凍の6倍から10倍です。
急速凍結なら、食材の細胞を傷めずに美味しい凍結が可能になります。ぐるめBOXと合わせて使っていただくと効果的です。

品番 速凍(はやと)くん
サイズ 液パック
W180×D260×H80(㎜)
収納トレイ
W180×D290×H125(㎜)
内容物 液パック約500g×4枚

 

急速凍結ってなに?
急速凍結とは物が凍る時に水が氷になる温度帯(-1℃から-5℃)を最大氷結晶生成帯と言い、この生成帯を30分以内で通過させることを急速凍結と定義しています。

なぜ家庭で急速凍結が難しいのか?
機械は高くてコストがかかる!例えば冷凍食品などを工場で凍結させる場合には急速凍結が行われています。トンネルフリーザーという何千万円もする機械を使って急速凍結させます。

小さな店舗で急速凍結させる場合でも100万円以上もする急速凍結庫で食材に風を当てて熱を奪い急速凍結させます。また熱伝導率の良い液体を使って急速凍結を行う場合もありますが、こちらも機械は300万円以上してしまいます。

これらのことから、家庭で急速凍結させることは現実的には難しいのです。

急速凍結のメリット
急速凍結なら細胞が歪まず凍結します。たいていの食材は冷気が外側からあたることもあり、外側から凍り出します。凍りだすと浸透圧の原理から細胞外に大きな氷結晶ができ細胞を歪ませたり、破壊してしまいます。

急速冷凍するとそのような氷結晶の成長が始まる前に氷になるので細胞内で氷結晶が生成されます。(細胞内凍結)結果として細胞を歪めないきれいな凍結が可能になります。

 

【送料について】

沖縄以外:1,000円
沖縄:1,600円